概要



抗GDA抗体の数値(EIA法 14.1U/ml)が微妙な状態で、

緩徐進行1型糖尿病と診断された50代のおっさんが、
手抜きな生活で糖質制限をしながら血糖値のコントロールをしている日常の記録です。
自分自身の数値や経験、そして調べたことを記録しています。
お医者さんではない単なる一般のサラリーマンですから、間違いもあると思います。
そこのところを認識したうえで、参考にしてください。
あくまでも、ここで報告している内容は、私自身が経験したことです。
つまり「あくまでも、個人の意見です。」ということになります。
意見や考え方経験には個人差があります。
当然ですね。



スポンサーリンク



糖尿病の病態は、個人個人で各々異なります。

なので、同じような結果が出る人ばかりではありません。
「糖尿病の主治医は自分自身。」そのことを意識して、日常生活を送ってください。
病気とどのように付き合いながら日常生活を送るかというのは、自分自身の判断によります。
医師やエライ人(エライと言われている人)の考えに従うのか、自分の経験や調べたことを試しながら生活するのか。
それも自分自身の判断です。
選択肢は多岐にわたります。

私の場合は、できるだけ手抜きな日常生活で、

何とか血糖値をコントロールしたいと考えています。
この「手抜き」というのが、私にとっては重要なところです。
なるべく楽に簡単に、日常生活の習慣として取り込んでいく。そういう方針です。
なにせ、私はダメ人間ですから。

私の最大の目的は、糖尿病の合併症の発症と進行を食い止めるというものです。
現在の方法で良好な結果が得られるのかは分かりませんが、あくまでも自己責任ということで実行し生活しています。

そういうことで、糖尿人の1例として見てもらえればいいと思います。
あくまでも一例としてです。

単なる日記ではなく少しでも糖尿人の一例として、役に立つ情報を伝えたいを思っています。
本当に?ホンマに?
そのつもりです。
しかし、手抜き人間のダメ人間ですからねぇ。
どこまで頑張れるかな?

まぁ、糖尿人の参考事例として読んでください。
(*- -)(*_ _)ペコリ

0 件のコメント:

コメントを投稿



関連記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク